お腹をさする進め方と置き場

1. 胸下部から恥骨までを縦にさする
まっすぐ立った状況私体の中心に現れる縦の路線をさすっていきます。指をそろえて胸下部あたりにそえた後、恥骨までを影響交互に動かします。乳児の背中を撫でるように、やさしくゆっくりとなでてください。

2. 肋骨をアップダウンにさする
肋骨はお腹の上に居残る骨だ。両手をこういう骨の側にそえてかまえます。肋骨を支えて移すようなイメージで、上述から下にさすって下さい。

3. おへその知り合いをくるくるとさする
両手をおへその周りに置いて、激しく円を描くようにさすります。パフォーマンスが途中でとまらないよう指しながら、くるくると滑らかに動かしてください。

何回増やす、と決めないで、お腹が温まってきたような感覚になるまで続けて下さい。おバスの後や半私浴の通りがけ、血行がよくなって筋肉がほぐれているときに行うと高い効果が得られます。
冷えて固まったお腹がほぐれたら、セル電灯をつぶしていきます。こういうプロセスで中心になるのは、つまんで集まりをほぐして行くパフォーマンス。脂肪の集まりをつぶして小さくする結果、放出を促すイメージだ。
くろあわわを最安値は公式サイト